HP Mini 1000にMac OSX 10.6 Snow Leopardをインストールする

Clip to Evernote

英語のサイトですが、My MacBook Miniの一連のポストに従って、3時間程度でHPのネットブックHP Mini 1000 (1007TU)にSnow Leopard (10.6.2)をインストール、動作させることができました。

MacBookMini_screen.png

メモリは2GBに増設していますが、標準の16GB SSDでも半分程度余裕を残してインストールすることができました。Developer Toolsをインストールしても、まだ少しディスクに空きがある状態です。

ところどころ不具合はありますが、以下のような機能は問題なく動作しているため、十分実用出来ています。

  • OS、アプリケーションの起動、終了
  • スリープ、スリープからの復旧
  • Wifiへの接続
  • USB、SDカード
  • タッチパッド、キーボード、日本語入力
  • パッテリー (だいたい3時間くらい)

逆に、不具合としては以下のような問題があります。

  • 音量の制御がシステム環境設定からしかできない
  • スリープからの復旧時にSDカードがUnmountされる
  • ことえり以外のIMEでキーマップがASCIIになる

以下、今回の導入の作業記録をメモとして残します。

※この文書を参考にしてお試しになる場合は、 ライセンス等に注意し、自己責任にてお願いします。

※コメント、質問等は @naokisatoname まで。

(0) 準備するもの

  • HP Mini 1000
  • MacもしくはHackintosh (インストーラ作成用)
  • Mac OSX 10.6 Snow Leopard インストールDVD
  • Mac OSX 10.6.2 Update
  • 8GB以上の外付けHDD、USBメモリ、SDカード等
  • NetbootBootMaker

(1) インストーラの作成

  1. 既存のMacもしくはHackintoshに外付けHDD、USBメモリ、SDカード等を接続し、ディスクユーティリティを起動します。接続したディスクを選択し、「パーティション」タブをクリックします。「オプション…」から「GUID」もしくは「MBR」を選択します。
  2. パーティションのフォーマットを「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」とし、「名前」に任意の名前を入力します (ここでは「SnowDVD」とします)。右下の「適用」をクリックし、フォーマットします。
  3. ディスクユーティリティの左側のペインから作成したパーティションを選択します。「復元」タブをクリックします。
  4. 左ペインから「Snow Leopard Retail DVD」を「ソース」フィールドにドラッグします。「SnowDVD」を「復元先」フィールドにドラッグします。右下の「復元」ボタンをクリックし、復元が完了するまで待ちます。復元が完了したら、ディスクユーティリティを終了します。
  5. NetbootBootMakerを起動します。「Select USB Partition」とあるドロップメニューから「SnowDVD」を選択します。「Prepare Boot Drive」をクリックし、処理が終了するまで待ちます。終了後、BetbookBootMakerを終了します。
  6. Finderから Cmd+Shift+G を入力し”/Volumes/SnowDVD/System/Installation/Packages“へ移動します。
  7. “OSInstall.pkg“と”OSInstall.pkg.orig“を探します。”OSInstall.pkg“を”OSInstall.pkg.bak“にリネームします。”OSInstall.pkg.orig“を”OSInstall.pkg“にリネームします。

(2) HP Mini 1000へのインストール

  1. (1)で作成したUSBメモリ等をHP Miniに接続し、電源を入れます。同時に F9 キーを押しっぱなしにします。起動メニュー画面が立ち上がります。
  2. 上下キーでリストからUSBメモリ等を選択し、 Enter キーを押します。Darwinが起動し、しばらく待つとインストーラが起動します。
  3. インストールで使う言語を選択し、 Tab キーと Enter キーを使って「–>」をクリックします。
  4. メニューバーの「ユーティリティ」からディスクユーティリティを選択します。HP Miniの内蔵ディスクを選択し、「パーティション」タブをクリックします。「オプション…」から「GUID」を選択します。フォーマットを「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」とし、「名前」に任意の名前を入力します (ここでは「Mac HD」とします)。右下の「適用」をクリックし、フォーマットします。完了後、ディスクユーティリティを終了します。
  5. インストール先としてMac HDを選択してインストールを進めます。左下の「カスタマイズ」からインストールするパッケージを選択します。
  6. インストールを開始します。終了までしばらく待ちます。
  7. インストールが完了するとHP Miniが自動的に再起動されますが、この時点ではまだ内蔵ディスクからは起動できないので、再度USBメモリ等から起動します。
  8. 起動ディスクの選択画面が立ち上がるので、内蔵ディスクを選択します。
  9. Welcomeムービー、初期設定が立ち上がるので、設定を完了させます。

(3) EFIの設定

内蔵ディスクから起動できるように設定します。

  1. こちらのページ から”SnowLeoHPMini_101709.zip“をダウンロードします。Mac HD直下 (“/”)に解凍します。
  2. ターミナルを起動し、次のようにコマンドを入力していきます。詳細はこちらのページおよび同ページにある動画を参照してください。
    sudo -s
    diskutil list
    newfs_hfs -v EFI /dev/disk0s1
    mkdir /Volumes/EFI
    mount_hfs /dev/disk0s1 /Volumes/EFI
    
    cd /SnowLeoHPMini_101709
    cp -r Extra /Volumes/EFI/
    cd cham2RC3
    
    fdisk -f boot0 -u -y /dev/rdisk0
    dd if=boot1h of=/dev/rdisk0s1
    cp boot /Volumes/EFI
    
    fdisk -e /dev/disk0
    p
    f 1
    w
    y
    q
    
    umount -f /Volumes/EFI
    rm -rf /Volumes/EFI
    
    cd /SnowLeoHPMini=101709/extensions_update
    ./27ae.sh
    ./update.sh

(4) その他修正

(4.1) トラックパッドの設定

  1. Finderから “/SnowLeoHPMini_101709/Trackpad” を開き、 “com.meklort.ps2.helper.plist” を “/Library/LaunchAgents/” にコピーします。
  2. /SnowLeoHPMini_101709/Trackpad” にある “Synaptics Trackpad.prefPane” をダブルクリック、インストールします。

(4.2) 音量の設定

  1. Finderから “/SnowLeoHPMini_101709/extensions_update” を開き、 “VoodooHDA.kext” を “_disabled” に移動します。
  2. こちらのページの「modded VoodooHDA here」というリンクからファイルをダウンロードし、 “extensions_update” へコピーします。
  3. ターミナルを起動し、以下のようにコマンドを入力します。
  4. sudo -s
    cd /SnowLeoHPMini_101709/etensions_update/
    ./update.sh

(4.3) DSDT (スリープの有効化)

  1. こちらのページの「DSDT Patcher」というリンクからDSDT Patcherをダウンロードし、 “dsdt.aml” を作成します。
  2. 作成した “dsdt.aml” を “/SnowLeoHPMini_101709/dsdt_update/” にコピーします。
  3. ターミナルを起動し、以下のようにコマンドを入力します。
    sudo -s
    cd /SnowLeoHPMini_101709/dsdt_update/
    ./update.sh

(5) 10.6.2へのアップデート

  1. こちらのページの「Tea’s mach kernel」からzipファイルをダウンロード、解凍し、 “mach_kernel_tea” をMac HD直下 (“/”)に移動します。
  2. こちらのページの「new 10.6.2 SleepEnabler.kext from netkas」というリンクから “SleepEnabler.kext” をダウンロードします。
  3. こちらのページの「this IO80211Family.kext」から “IO80211Family.kext” をダウンロードします。
  4. Finderで “/SnowLeoHPMini_101709/bootplist_update” を開き、 “com.apple.Boot.plist” というファイルを任意のエディタで編集します。Kernelキーの値を mach_kernel から mach_kernel_tea に変更します。
    <key>Kernel</key>
    <string>mach_kernel_tea</string>
  5. ターミナルを起動し、以下のようにコマンドを入力します。
    sudo -s
    cd /SnowLeoHPMini_101709/bootplist_update/
    ./update.sh
  6. Finderで “/SnowLeoHPMini_101709/extensions_update” を開き、 “SleepEnabler.kext” を “_disabled” に移動します。先にダウンロードしておいた “SleepEnabler.kext” を”extensions_update” に移動します。
  7. ターミナルを起動し、以下のようにコマンドを入力します。
    sudo -s
    cd /SnowLeoHPMini_101709/extensions_update/
    ./update.sh
  8. Mac OSX 10.6.2のアップデータを実行し、インストールします。インストール完了後、再起動します。
  9. Finderで “/SnowLeoHPMini_101709/extensions_update” を開き、 “IO80211Family.kext” を “_disabled” に移動します。先にダウンロードしておいた “IO80211Family.kext” を”extensions_update” に移動します。
  10. ターミナルを起動し、以下のようにコマンドを入力します。
    sudo -s
    cd /SnowLeoHPMini_101709/extensions_update/
    ./27ae.sh
    ./update.sh
  11. 再起動します。

以上でインストールは完了です。お疲れ様でした。

※追記

日本語キーボードのマッピングの設定を忘れていたので、追記します。

(6) 日本語キーボードの設定 (ことえり用)

OSx86jp @ ウィキ – Tips&Tricksの「JIS配列のPS/2キーボードをキートップ通りに使う」に従って設定します。

  1. OSx86jp @ ウィキ – Tips&Tricksの「JIS配列のPS/2キーボードをキートップ通りに使う」から “ApplePS2Keyboard.kext” をダウンロードし、既存のextensionと差し替えてupdateします (手順は上記(5) 6, 7あたりを参照して下さい)。
  2. WindowsキーボードをMacで使うから “PSJ.keylayout.zip” をダウンロードし、同ページの説明に従って設定します。
  3. この時点で、ことえりで日本語キーボードのレイアウト通りに入力できるようになっている筈です。また、各修飾キーもマッピングされていると思います (手元の環境では: Mac Command→Win alt, Mac Option→Win Windows, Mac Control→Win Control)。変換、無変換等をかな、英数に置き換えるには PCKeyboardHack を使います。

Tags: , , ,

14 Responses to “HP Mini 1000にMac OSX 10.6 Snow Leopardをインストールする”

  1. Ryo Murakawa says:

    日本語キーボードのキーマップは、どのようにされているのでしょうか?

  2. naoki says:

    コメントありがとうございます。
    説明を忘れていたので、記事に追記しました。
    ことえりでの英数、日本語の入力については、追記記事の設定で解決できると思います。

  3. Ryo Murakawa says:

    追記ありがとうございます。
    現在、OS X 10.6のインストールおよび確認はできているのですが、10.6.2のアップデート後に、パニックが起きます。
    何か回避させるための手順というのがあれば、教えていただければと思います。

  4. Ryo Murakawa says:

    本日、無事hp mini 1000 SSDバージョンにてOS X 10.6.2にすることができました。
    最近、Netbookをmini 1000からAO751に変えたので、miniの使い道ができてよかったです。

  5. naoki says:

    コメントが遅くなり申し訳ありません。
    カーネルパニックの問題も解消されたようで何よりです。

    この記事がお役に立てたのであれば幸いです。

  6. Ryo Murakawa says:

    2点教えてください。
    1. SSDのアイコンが画面に表示されないのですが、所有されおりますシステムは、表示されますでしょうか?
    2. アップデート後スリープが聞かなくなっているのですが、この現象は発生しておりますでしょうか?

    なお、カーネルアップデートは、10.6.2のパッケージと10.6.1のパッケージを間違っていたためでした。お騒がさせして申し訳ありません。

  7. naoki says:

    > Ryo Murakawaさん

    >>1. SSDのアイコンが画面に表示されないのですが、所有されおりますシステムは、表示されますでしょうか?
    はい、手元の環境ではデスクトップに表示されています。
    念のため、Finderの環境設定で内蔵ディスクが表示される設定になっているか、ご確認ください。

    >>2. アップデート後スリープが聞かなくなっているのですが、この現象は発生しておりますでしょうか?
    いいえ。
    スリープの動作が不安定ではありますが、一応できています。
    もしかしたらSleepEnabler.kextを最新のものにしてextensionsを再度updateすれば改善するかもしれませんが…ちょっと分かりかねます。
    申し訳ありません。

  8. Ryo Murakawa says:

    返答ありがとうございます。

    SSDは、Finderの環境設定の問題でした。

    スリープは、USBスティック(8GB)を指した状態ですと、必ず失敗してます。USBがないと問題ないですね。

    おそらく、SleepEnabler.kextの問題だと思いますので、最新のものを探して試してみます。

    ありがとうございました。

  9. Ryo Murakawa says:

    村川です。

    最近出ましたセキュリティアップデートを適用されましたでしょうか?

    私のほうで適用したのですが、無線LANが使えなくなりました。
    IO80211Family.kextの新しいものがリリースされないとだめかなって感じです。

  10. naoki says:

    >村川さん
    セキュリティアップデートはとりあえず様子見ということでまだ適用していませんでした。

    http://mymacbookmini.blogspot.com/2009/11/1062-wifi-woes-wifi-is-back.html

    10.6.2用のIO80211Family.kextでの修正内容がこのページにありますが、再度extensionをupdateするか、この修正を施してupdateするかしても動かなければ、新しいIO80211Family.kextが必要そうですね。
    どうやらMy MacBook Miniの筆者さんのHP Mini 1000が故障したようで今後のアップデートがあるかは不明ですが…一応元の英語ページもフォローしていただければと思います。

  11. Ryo Murakawa says:

    naokiさん

    1点教えてください。
    プログラムを組んでいて気づいたのですが、パイプ記号がうてないのですが、どうされていますか?
    バックスラッシュは、Windowsキーとy記号で問題ないのですが、パイプは、どうしても入力できません。
    Cで論理演算のorがかけないです。

    いつも質問ばかりですいません。

    • naoki says:

      >Murakawaさん

      言われてみると、パイプ記号”|”が入力できなかったような気がします。
      ただ、生憎と先日MacOSXの環境が突然壊れて起動できなくなってしまい、再インストールしていないため、環境がない状態でして詳しいところは分からないです。

      少し調べてみたところでは、「Voodoo Package」なるものを使えばWindows用キーボードをフルサポートできる、という書き込みもあるようですが…詳細は不明です。

      また、一応入力できれば良い、というレベルであれば、ことえりメニューからキーボードビューアを立ち上げてそこから入力(JISの場合はShift + ¥、USの場合はShift + })すれば、もしかしたら入力できるかも知れません。

      あまりお力になれず申し訳ありません。

      • Ryo Murakawa says:

        naokiさん

        リプライありがとうございます。
        キーボードビューアでみてみたのですが、|記号自体が表示されてないですね。

        そもそもキーマップがないという状態でした。取り合えず、それ以外は使えているので
        hp mini 1000は、SSD 16GBしかないので、メール専用マシンとして使います。
        ただ、今セットアップしているAcer Aspire One 751hは、どうしよう悩んでます。

        以上、ご報告です。

  12. n_k says:

    初めまして、参考にさせていただき、HPmini 1000 にosx10.6を入れてみました。内蔵HDDからの起動も成功しました。しかし、システム終了の後も電源が切れない状態です。2度インストールしてみましたが、ダメでした。何か原因にお心当たりはありませんでしょうか?

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">