Archive for the ‘perl’ Category

MacでTwitterのタイムラインを読み上げさせる

Tuesday, December 22nd, 2009

Twitterは便利で楽しいものですが、タイムライン(TL)を追うのはなかなか大変です。
TLはすべて追えなくても気にするべきではない、とはよく言われるものの、他の作業をしていてもTLが気になったり…

そこで、他の作業をしながらTLも追いかけられるように、Macで自分のTLを読み上げる仕組みを作ってみました。


こんな感じで読み上げられます。
動画では写していませんがGrowlを準備しておけばつぶやきも表示されます。

以下、今回作成した仕組みの詳細です。
Perlやコマンドラインは使いますが、おそらく1時間-2時間で構築できると思いますので、よろしければ試してみてください。
質問、コメント等は @naokisatoname まで。

(more…)

PerlからTwitterを簡単に利用するNet::Twitter

Thursday, December 17th, 2009

TwitterはAPIが公開されているので容易にそのデータを利用することができるが、PerlからTwitterにログインしてTL等の情報を利用するにはNet::Twitterモジュールを活用すると良い。

インストールはCPANから可能。

sudo perl -MCPAN -e shell
install Net::Twitter

Snow Leopardの環境では、比較的時間はかかったものの、正常にインストールすることができた。

実際にPerlで利用するには、以下の様にコーディングする。

my $twitter = Net::Twitter->new (
username => "username", #ユーザ名
password => "password" #パスワード
)

my $ref = $twitter->friends_timeline();

この様にすると、$refに自分のTLの情報が格納される。
格納されたTLの情報から、以下の様にしてユーザの名前やつぶやきの内容を取得できる。

$ref->{'user'}{'name'}; #ユーザの名前
$ref->{'text'}; #つぶやきの内容

Mac OSX 10.6 (Snow Leopard)のPerlでImage::Magickを使う

Sunday, December 13th, 2009

Mac OSXにはImageMagickがインストールされていない。
ImageMagick自体はmac portやfinkからインストールできるが、Snow Leopard用のPerlモジュール(PerlMagick)が用意されておらず、CPANからのインストールもエラーが発生する(らしい)ため、PerlでImage::Magickを使うにはソースから –with-perl オプションをつけてコンパイルする必要がある。

コンパイル、インストール自体は

./configure --with-perl
make
sudo make install

で可能。
モジュールも自動的にインストールされる。