Archive for June, 2010

ffmpegでiPhoneで再生できる動画を作成する

Saturday, June 26th, 2010

少し調べて実験してみたので備忘録的エントリー。

ffmpegというOpen Sourceの動画形式変換ソフトがあります。およそ動画の変換に関しては出来ないことはないだろうというくらいの便利ツールなのですが、ソフト自体がGUIを持っていない上、実際に変換する際には恐ろしく長いオプションを指定することになるので、通常はこのようなWrapperツールを経由して使うことの多いソフトです。

ただ、そういったツールは往々にして有料のものが多い上、Batch処理の場合は直接コマンドを実行したほうが何かと楽というのもあるので、コマンドラインからffmpegを使って、iPhoneやiPadで見られる動画を作成する方法を調べてみました。

例によってMac環境限定です。

(more…)

iPhoneのバックアップに時間がかかる場合の確認方法 -Macの場合-

Tuesday, June 22nd, 2010

取り急ぎエントリー。

iOS 4が数時間前にリリースされました。ただ、早速アップデートしようとしても、1時間以上かかることもあるという警告に躊躇された方、もしくはアップデートをかけたけれども事前のバックアップに時間がかかり中断された方もいらっしゃることと思います。

iPhoneの場合、インストールされているアプリケーションによってはバックアップに非常に時間がかかります。これは、iPhoneのバックアップが、アプリケーションの保存しているデータやキャッシュをいちいちすべて取り込んでしまうためで、小さいデータを多数キャッシュするようなアプリケーションがインストールされていると、バックアップだけで数時間かかるということもざらではありません(というか、自分の場合がそうでした)。

特に今回のようにOSをアップデートする場合など、その悪さをしているアプリケーションが何なのか判明していれば事前にアプリケーションを削除しておけばよいのですが、実際には何が悪さをしているのか分からない場合も多くあります。

このエントリーでは、その悪さをしているアプリケーションを突き止める一手段をご紹介します。なお、環境はMacが対象です。Windowsの場合は、おそらくフォルダの場所が異なるだけだとは思いますが、手元に環境がないため、別途調べていただければと思います。

(more…)

iPad用の快適Google ReaderブラウザReeder

Sunday, June 13th, 2010

ここ最近、巷、というか一部のネット界隈で話題になっているiPad用のアプリReederを買ってみました。
これまでGoogle Reader用のアプリとして決め手になるようなものが出ていなくて、少し悩みのタネだったのですが、もうこのアプリで解決、というくらいのレベルです。

起動すると一瞬でGoogle Readerと同期。
設定しているフォルダ単位に未読のものをアイコン表示してくれます。

そのアイコンをクリックするか、あるいはピンチで広げると、個別の記事を読む画面に。
横置きにした場合、左に記事の一覧が並んだタイムラインがあり、それぞれの記事をクリックすると右側に内容が表示されます。

もちろんTwitterへの投稿や、Instapaperへのクリッピングなどもでき、その辺の拡張性は非常に高機能。
インタフェースもそれぞれの記事の表示画面を上や下に引っ張ると次の記事に移ったりと、使っていてとても気持ちが良いです。

どこかの紹介記事に、比較的少なめのフィードをゆっくり読むのに適している、という様な内容があったような気がします。もちろんその様な用途にも最適だと思いますが、フィード数が多くてもこのインタフェースは十分便利でしょう。

価格は¥600と少しお高めですが、Google Readerユーザには十分に購入する価値のあるアプリです。