Posts Tagged ‘applescript’

EvernoteのノートのタイトルをAppleScriptで一括変更する

Sunday, March 20th, 2011

Brogtrottrというサービスがあります。
RSSの記事をメールとして送信してくれるサービスです。

個人的に、このサービスをGoogle Readerと組み合わせて利用しています。
具体的には、Google Readerで気になった記事は共有するようにして、 共有アイテムのRSSをBrogtrottrでEvernoteに送信し、気になった記事がEvernoteに自動的にクリッピングされるようにしています。

ただ1点、Brogtrottrが残念なのが、メールのタイトルが変更できないという点。
Brogtrottrからのメールのタイトルは”サイト名: タイトル”のようになり、Google Readerの共有アイテムのようにサイト名が長いと、Evernoteに登録した際非常に冗長になってしまいます。

幸い、Mac版のEvernoteではAppleScriptでノートのタイトルが変更できます。

ということで、冗長なタイトルになっているノートを一括して変更するAppleScriptをさっくり書いたので、メモとしてあげておきます。

なお、AppleScript中の”switchText”はこちらから引用させていただきました。
感謝です。

(more…)

ScanSnapから作成した連番画像ファイルを1クリック(+α)でePubに変換する -Mac編-

Monday, April 5th, 2010

先日の連番画像ファイルからePubを作成するの続きです。

先日の記事ではePubを作成するシェルスクリプトを公開しましたが、いちいちターミナルからスクリプトを実行するのも面倒なので、AppleScriptを使ってFinderからスクリプトを呼出し、Finderで開いているフォルダ内の連番画像をePubに変換するアプリケーションを用意しました。AppleScriptですので、Mac専用です。

連番画像ファイル->ePub作成アプリケーション

簡単な使い方は以下の通り。なお、未検証ですが連番画像のファイル名に日本語が含まれていると上手くいかないかも知れませんので、ファイル名は英数字のみにしておいた方が無難だと思います。

  1. 自分のホームディレクトリに “bin” フォルダを作成します。
  2. dmgに入っている “epubsh.sh” を1.で作成した “bin” フォルダにコピーします。
  3. dmgに入っている “epubsh.app” を任意の場所 (“bin” や “アプリケーション” をおすすめします) にコピーし、DockもしくはFinderのツールバーに登録します。
  4. ePubに変換したい一連の画像のあるディレクトリを最前面のFinderで開いた状態にし、3.で登録した “epubsh.sh” を実行します。
  5. タイトル、著者を入力するダイアログが表示されるので、それらを入力します。
  6. 暫く待つと、画像と同じディレクトリに “タイトル.epub” という名前でePubファイルが作成されます。

以上です。いつも通り検証不十分ですので、At Your Own Riskでお願いします。コメント等々ございましたら@naokisatoname宛に頂けると幸いです。

以下、スクリーンショット付きの詳細説明とスクリプトのソース。

(more…)