Posts Tagged ‘epub’

[コネタ] 続き物の記事を電子書籍端末で読むにはInstapaperが便利

Monday, November 1st, 2010

活用している人は活用しているであろう、気になった記事をあとで読むためのWebサービスInstapaper
クリッピングはもちろん、記事を読みやすく整形してくれる機能や、iPad/iPhone向けのAPPも用意されていてとても便利なわけですが、ことKindleやEPUB対応の電子書籍端末を持っている人に便利なのが、複数記事の.mobi、.epubでの出力機能。

Instapaperの自分のページに行くと、右側のカラムにPrintable, Kindle, ePubとありますが、このKindleをクリックすると.mobi形式で、ePubをクリックすると.epub形式で、直近の20記事が書き出されてダウンロードされます。

実はこの書き出し機能、未読のものだけではなく、フォルダに対しても利用することができます。

Instapaperのフォルダには日本語も使えるので、例えば「中国嫁日記」(実はファン…)というフォルダを作り、読みたい記事をInstapaperに取り込んで、「中国嫁日記」フォルダに移し、.mobiや.epubで書きだせば、簡単に自分だけのオムニバス電子書籍を作ることができます。

ちなみにこの場合、タイトルは「Instapaper: 中国嫁日記」のようになりますが、Kindleの場合、日本語が化けてしまうようです。
回避方法としては、一度.epubで書き出して、Kindlegenで”kindlegen -unicode instapaper-xxx.epub”のように変換する手段があります。

また、Kindleに対しては、定期的に(最短で毎日)未読の記事を配信してくれるという非常に便利な機能もあります
とても便利なので使ったことがない方はぜひお試しください。

iBookstoreで提供されているEPUB書籍の構造を覗く

Wednesday, May 12th, 2010

先日来、日本でもiPadの予約が開始されましたが、幸運にも一足早く手にすることができました。

既に多くの方がレビューされているので細かなレビューはしないつもりですが、噂にたがわずとてもすばらしいアイテムです。おそらくこれまでiPhoneを使っていたり、メディアデータを積極的に電子化していた人にとっては現時点で最高のデバイスではないかと思います。

そんなiPadの数ある機能の中でも、特に注目されているのがiBooks。残念ながら日本ではしばらくサービスの提供が無さそうではありますが、本格的な電子書籍プラットフォームとして着目されている方も多いと思います。

ご存知のように、iBooksではアプリケーション内でiBookstoreというサイトにアクセスし、アプリケーション内で書籍を買うことができます。

このiBookstore内で使われているファイルフォーマットが、これまでこのBlogでも度々取り上げてきたEPUBです。

EPUBファイルについてはこの記事このタグを参照していただきたいのですが、基本的には、本の中身のデータと、メタデータとを一緒にZIP圧縮したファイルになっています。ということは、暗号化されている内容はともかくとして、どのようなファイル構造になっているかはこのZIPファイルを伸長すればわかるはず…

ということで、この度、以前から読まなきゃなーと思っていたChris Andersonの”Free”をiBookstoreで購入してみたので、その構造がどのようになっているか、EPUBで使われている各メタファイルの内容はどうなっているかを覗いてみたいと思います。なお、以下環境はすべてMacOSX 10.6です。

(more…)

ScanSnap から作成した連番画像ファイルを簡単にePubに変換する -Windows編-

Monday, April 12th, 2010

先日の記事で、Mac上で連番画像をePubに変換する方法をご紹介しましたが、同じことをWindows上で行う方法を説明した記事を発見したのでご紹介。

お先に!iPadのためにePubを作成する方法 | EeePC カフェ

こちらの記事によると、Windowsには連番画像を電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)に変換してくれるChainLPというツールがあり、このツールを利用するとお手軽にePubを作成出来るようです。

連番画像を指定サイズにリサイズし、画像だけの電子ブック形式ファイル(LRF、PDF、ePub、Mobi)として出力します。連番ファイルやZIP、 LHaを作成することもできます。

青空文庫形式のテキストファイルを縦書き画像に変換することもできます。このとき、テキスト印刷を通じてPDF仮想プリンタにテキストデータを送りこんで、フォント埋め込みのPDFを出力することもできます。

画像のコントラスト調整等もでき、リサイズもでき、いろいろなフォーマットに出力可能。すばらしいです。WindowsならこのツールとScanSnapで十分ではないでしょうか。

こちらのNo. 722さんですが、他にもいろいろなツールを作成されていらっしゃるので、特にWindowsの方はぜひ一度チェックしてみて下さい。