Posts Tagged ‘linux’

VAIO type XにUbuntuをインストールする

Friday, October 29th, 2010

世の中では新しいMacBook Airの良さが話題になっているここ最近、何故かその流れに贖ってWindows PCを買いました。モノはVAIO type X、 サイズも厚さも重さもiPadと同じくらいのLaptopという結構な優れもの。元々Windows用というよりもLinux用に1台持っておきたく、そんなにスペックはいらないからとにかく持ち歩けるものを、ということで今回の購入となりました(そろそろ店頭在庫も少なくなってきたという事情もありますが)。

そこで、早速Linuxをインストールしたのですが、新し目の機種ということもあってなかなかすんなりいかない部分もあり。次回以降インストールし直す時のために、作業記録として残しておきます。

Linuxのディストリビューションはここ数年Ubuntuしか使っていないのでUbuntuを選びました。現時点での最新版はUbuntu 10.10ですが、先進的すぎるためかスペックを抑えたVAIO type Xとは相性がいま一つのため、今回はUbuntu 9.10を使っています。

作業概要は以下の通り。現在進行中です。

  1. 事前準備
    • プリインストールされているWindowsでリカバリディスクを作成
    • リカバリディスクから復元、Linux用のパーティションを設定
    • インストール用のCDまたはUSBを作成
  2. Ubuntu 9.10のインストール
  3. Windowsブートマネージャの設定
  4. psbドライバのインストール
  5. サウンドの設定
  6. サスペンド関連の調整
  7. mozcのビルド、インストール
  8. Ubuntu Tweakのインストール
  9. Chromium、Dropboxのインストール
  10. Nevernoteのインストール
  11. git-core, GNOME Do, VLCのインストール
  12. Emacsのインストール

以下、詳細です。 (more…)

連番画像ファイルからePubを作成する

Saturday, April 3rd, 2010

日本でのiPadの発売も近づき、USではiPadが発売され、俄然電子書籍に対する注目が高まっていると感じるこの頃。iPadのリリースにあわせてiTunesも9.1にバージョンアップされてePubファイルもiTunesで管理できるようになりました。

ただ、惜しむらくは書籍として認識されるのがePub形式のみという点。以前からPDFはiTunesで管理できましたが、書籍形式としては認識されず、このことからiPad上のiBooksではePub形式の電子書籍のみがサポートされることが予想されます。

海外の古い書籍であればGoogle BooksProject Gutenbergで入手できますし、日本の古典は拙作のBookmarkletを使えば青空文庫からePubを作成できることができます。しかし、現在紙の本から電子データを作成する上で最も一般的と思われるScanSnap (+裁断機)では、PDFを作ることはできてもePubは作成できず、このままではiPad (というかiBooks)で市販の書籍を読む事が難しそうです。

他方、ScanSnapでは連番画像ファイルとして電子データを保存できます。そこで、連番の画像ファイルからePubを作成するシェルスクリプトを書いてみました。

連番画像ファイル->ePub作成スクリプト

べた書きの上にきちんとテストも行っていない状態なので、いつも通りAt Your Own Riskでお願いします。変更はご自由に。

以下、スクリプトの使用方法と説明です。

(more…)

Bilbo

Monday, November 30th, 2009

Ubuntu上のBlog Editor, Bilboからテスト投稿。

Bilboのインストール自体は

sudo apt-get install bilbo

で可能。

ただし、QT(KDE)環境でSCIMで日本語を入力するために scim-bridge-client-qt4 をインストールしておく。

sudo apt-get install scim-bridge-client-qt4

その上で、Bilboのテキストフィールドを右クリックしてIMとして scim-bridge を選択するか、もしくは事前にterminal等でscim-bridgeを起動した後にBilboを立ち上げれば、日本語を入力できる。

エディタの機能自体は、基本的なところは揃っていて特に悪くは無い。