Posts Tagged ‘webservice’

How to start Play! Framework 2.0 application as a Windows service

Tuesday, July 10th, 2012

Run a Play framework application as a Windows Service with YAJSW kindly explains how to run a Play! 1.x applications as a Windows Service, but unfortunately it does not work for Play! 2.0 application.
I could not find the good solution for Play! 2.0 applications on the internet, so I note my solution.
Hope it would be someone’s help.

  1. Build your application for deploy.

  2. Deploy your application by using the stage task.

    $ play clean compile stage
    
  3. Download ‘Yet Another Java Service Wrapper’ (YAJSW).

  4. Unzip YAJSW to %app% (where %app% is the path to your application) and rename the directory to wrapper.

  5. Create 2 directories: %app%\log (for log files) and %app%\temp (for temporary files).

  6. Edit %app%\wrapper\conf\wrapper.conf.

    Example (please change PATH_TO_YOUR_APP to %app%):

    # Example YAJSW configuration to run Play! application as service
    wrapper.working.dir=PATH_TO_YOUR_APP
    wrapper.java.app.mainclass = play.core.server.NettyServer
    wrapper.java.classpath.1 = ${wrapper.working.dir}/conf/*
    wrapper.java.classpath.2 = ${wrapper.working.dir}/target/staged/*
    wrapper.java.additional.1 = -Djava.io.tmpdir=temp
    wrapper.logfile=${wrapper.working.dir}/logs/wrapper.log
    wrapper.console.title = Play! service test
    wrapper.ntservice.name = Play! service test
    wrapper.ntservice.displayname = Play! service test
    wrapper.ntservice.description = Running a Play! app as windows service
    
  7. Execute %app%\wrapper\bat\runConsole.bat and confirm your application starts.

  8. Install the service. Execute %app%\wrapper\bat\installService.bat. The new Play! service test service should be created.

  9. Start the service via Service in Computer Management.

EvernoteのノートのタイトルをAppleScriptで一括変更する

Sunday, March 20th, 2011

Brogtrottrというサービスがあります。
RSSの記事をメールとして送信してくれるサービスです。

個人的に、このサービスをGoogle Readerと組み合わせて利用しています。
具体的には、Google Readerで気になった記事は共有するようにして、 共有アイテムのRSSをBrogtrottrでEvernoteに送信し、気になった記事がEvernoteに自動的にクリッピングされるようにしています。

ただ1点、Brogtrottrが残念なのが、メールのタイトルが変更できないという点。
Brogtrottrからのメールのタイトルは”サイト名: タイトル”のようになり、Google Readerの共有アイテムのようにサイト名が長いと、Evernoteに登録した際非常に冗長になってしまいます。

幸い、Mac版のEvernoteではAppleScriptでノートのタイトルが変更できます。

ということで、冗長なタイトルになっているノートを一括して変更するAppleScriptをさっくり書いたので、メモとしてあげておきます。

なお、AppleScript中の”switchText”はこちらから引用させていただきました。
感謝です。

(more…)

[コネタ] 続き物の記事を電子書籍端末で読むにはInstapaperが便利

Monday, November 1st, 2010

活用している人は活用しているであろう、気になった記事をあとで読むためのWebサービスInstapaper
クリッピングはもちろん、記事を読みやすく整形してくれる機能や、iPad/iPhone向けのAPPも用意されていてとても便利なわけですが、ことKindleやEPUB対応の電子書籍端末を持っている人に便利なのが、複数記事の.mobi、.epubでの出力機能。

Instapaperの自分のページに行くと、右側のカラムにPrintable, Kindle, ePubとありますが、このKindleをクリックすると.mobi形式で、ePubをクリックすると.epub形式で、直近の20記事が書き出されてダウンロードされます。

実はこの書き出し機能、未読のものだけではなく、フォルダに対しても利用することができます。

Instapaperのフォルダには日本語も使えるので、例えば「中国嫁日記」(実はファン…)というフォルダを作り、読みたい記事をInstapaperに取り込んで、「中国嫁日記」フォルダに移し、.mobiや.epubで書きだせば、簡単に自分だけのオムニバス電子書籍を作ることができます。

ちなみにこの場合、タイトルは「Instapaper: 中国嫁日記」のようになりますが、Kindleの場合、日本語が化けてしまうようです。
回避方法としては、一度.epubで書き出して、Kindlegenで”kindlegen -unicode instapaper-xxx.epub”のように変換する手段があります。

また、Kindleに対しては、定期的に(最短で毎日)未読の記事を配信してくれるという非常に便利な機能もあります
とても便利なので使ったことがない方はぜひお試しください。